バーコードへの対応

あなたは、色々な店舗を利用したことがあるはずです。たとえばスーパー。きっと、一度は利用したことがありますよね。スーパーでは、お会計の際にバーコードで商品情報を読み込みます。レジスターに搭載されているスキャナでバーコードを読み込み、商品データーを出します。では、カフェや飲食店はどうでしょうか?飲食店では、注文時に伝票がおかれ、その伝票を持って会計場所に行きます。そして、担当者が伝票の内容をレジスターに打ち込み、会計をするという流れになります。このように、世の中の店舗はバーコードを使って会計をする店舗とそうでない店舗に分かれています。バーコードを使って会計をしている店舗が使っているのはスキャナ付きのレジスター。スキャナでバーコードを読み込み、バーコードの中に組み込まれている商品情報をもとに料金を提示するという仕組みです。それに対し、バーコードを使わずに会計を行う店舗は商品情報を全て登録するタイプのレジスターを使っています。このタイプのレジスターは、レジスターの中にその店舗の商品情報を全て設定で登録します。伝票に書かれている商品情報を手動で入力していき、会計をするというものです。いかがでしたでしょうか?
レジスターといえば、バーコードをスキャナして会計をするイメージをお持ちの方が多かったと思います。しかし、現代においてはスキャナを使用することなく会計ができるレジスターも多数登場しているのです。